それとは反対にポジション

.

  • .


    一般的な初めての方向けのFXのテキストでは、「損失を被った時はナンピン買いを入れることによって全体の平均のコストを下げることができる」などと述べられている事もありますが正直それは目に見えない危険があると思います。

    最初に、ナンピン買いの理屈に関して分かりやすく述べます。

    例として1ドル100円でドルを買ったとする。

    ドル買いということで円安に向うほど儲けが出るわけですが、反対に1ドル=95円まで円高ドル安方向に進んだとします。

    このままの状況でポジションを維持し続けたらプラスになるためには、円高になった分円安が進まなければなりません。

    誰もが、損失はなるべく早くリカバリしたいと願います。

    このためはじめに売り買いしたのと同額の$(ドル)を、1ドルを95円で買います。

    すると、ポジションの価格は97円50銭まで低くすることができる。

    すなわち、2.50円の幅で円安に進めば、損を取り戻す事が出来ます。

    こういったことがナンピン買いの手法です。

    こういうふうに、ナンピン買いのロジックを目にすると、「なるほど」という考えになるが、そう易々と上手くはいきません。

    初めから、95円が下限だとということなど分かるわけがありません。

    たとえば、市場がかなりの円高ドル安動向だとしたら、1ドル=95円では下げ止まることなく、より一層ドル安になる確率はあります。

    仮定として、1ドル97.50円でナンピンをした場合に1ドル95円まで円高ドル安に向ったらナンピン買いをしたポジションも、損が生じることになってしまうのである。

    その状態では、一番初めに買ったドルとあわせて2倍の為替差損が生まれます。

    それゆえ、ナンピン買いは一筋縄でいきません。

    では、マーケットがあなたの台本とは反対にさっさと行ってしまった場合どのような手法で危機の確率を軽減すればいいのだろうか。

    こういう時には選ぶべき対策は2つあります。

    ひとつは覚悟を決めて、損切りをすること。

    もうひとつは、その時点で、あなたが保持しているポジションを少なくする事によって、もう一度市場が回復するのを黙って待つことだ。

    かなり弱腰の方法だと考える人もいるだろう。

    しかし、自分の持っているポジションに損失が生じた場合、適切なやり方はそれ以外には考えられません。

    考え方としては、ナンピン買いという対策も効果的です。

    けれどもナンピンは自分自身が損をしているにもかかわらず買いポジションを縮小するどころか、それとは反対にポジションを重ねていく対策です。

    この対策では、危険性を避けることなどとても無謀だと考えたほうがいいです。

    ナンピンを続ける事ができればいつかはマイナスがプラスになるかもしれません。

    しかし、そうなる先に投資資金が足りなくなってしまいます。


    HOMEはこちら


  • 愛でてこそ花
  • たまに遊びに来る兄家族との外食
  • ドレッサーに花を飾る
  • コンビニのお菓子巡りはなかなか楽しい
  • ストレスを解消してくれるガムのこと
  • 加湿器を置く台の話〜キャビネット
  • ヤキモチを妬く子ねこ
  • ビールがぬるい?誠に珍妙な中国のお酒事情
  • カメラの沼
  • 簡単、だけど見栄えのするお弁当
  • 無理して続けるくらいなら
  • 私のファッションセンスをどうにかしたい
  • なぜ痩せたいのかを考えることが大事
  • ポイントでネット通販したいです。
  • ネットでの服の購入
  • コンビニランチも選びよう
  • アーティストの歌詞の意味
  • 腰痛を悪化させないために気をつけること
  • キャッシングを利用してみたこと
  • 看護師になった理由
  • 育毛シャンプーでべたつき、抜け毛が改善
  • このままでは高い査定は出ないでしょう
  • 自己処理で脱毛はきれいにできない
  • 薄手のカーテンで棚を隠したら部屋の中がすっきりしました
  • もっと早く聞くべきだった
  • 賢く実用することをお勧めします
  • そのような文脈でも
  • 車買い取りの際は相手側が有効期限
  • あるものの有酸素運動と見なすこと
  • 車担保融資とは
  • 割と近い連中がフリーローンなどで便利にお金
  • タバコの臭いが挙げられます
  • ために強制退会といったことになる場合があります
  • このとおり注目される属性に
  • それとは反対にポジション